私は同じ人に告白する前に2度も振られている。

 1度目は、小学6年の時のバレンタイン。

 手作りチョコは気持ち悪くて受け取れないと彼が親友に話してるのを聞いて渡すのを断念した。

 2度目は、高校卒業の時。

 下駄箱で彼を待っていたら「まさかお前まで進路が別れるのに俺に告る気じゃないだろうな」と言われ、怖じ気づいて逃げた。

 そんな私は、社会人になったのにいまだに彼に片思いしている。

 彼、鷹野理人は隣の豪邸に住む御曹司で幼馴染み。

 でも、理人くんは私の事を幼馴染みとは思っていないかもしれない。

 幼稚園までは何をするにも、いつも一緒で仲良く遊んでいた。

 でも、小学生になってから理人くんとは距離が出来た。

 同じクラスになっても挨拶さえ交わさなくなった。

この作品のキーワード
OL  御曹司  イケメン  クール  幼馴染み  不器用  シンデレラ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。