―――ガラッ



教室に入る。


私が入るまで盛り上がっていた教室に、静粛が広がる。


視線は、私の方に集められ。




いつもと同じように、邪魔者を見るような目で見てくる。



まぁ、なれたからいいけれど。





「淫乱ブス、来んな。」


「でも、そういえば・・・黒龍の人が。」




黒龍の人・・・なんか、聞き覚えがある言葉だわ。



でも、興味がないから覚えてないけれど。





この作品のキーワード
黒龍  寵愛姫  暴走族  初恋    仲間  婚約者  悲しい    流星 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。