「あんたのせいなのよ!!」




包丁を持って、私の方を見る母親の姿が見えた。


いつもの優しい母の面影は、そこにはなかった。


涙を流す母親を見て、私も涙が溢れる。




「やめて、お願い。」



私は母親の手をつかみ、包丁を離そうとした。



「離しなさい

――――っつ、離して!!」



母が、私の手を振り払おうとした。




「っつぁぁ・・・。」



私の手を振り払う時に、包丁を振りかざしたせいでそれは私の鎖骨よりしたの位置に刺さった。


服の上から刺された。


じわじわと服が血で滲んでいる。





この作品のキーワード
黒龍  寵愛姫  暴走族  初恋    仲間  婚約者  悲しい    流星 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。