愛すれば、愛するほど不安になる。


それが偽りの愛ではないかと……


それでも愛するがゆえ、耳元で囁かれる言葉に身を焦がし、全てを信じようと疑惑を心の奥底に封じ込める。


優しい眼差しは、いとも簡単に私の思考回路を麻痺させ恍惚の悦びを与えてくれる。


この腕の中に居れたら……何も望まない。


だから、私は今日もあなたに抱かれる。


「愛してるよ……莉羅(りら)」


甘くかすれた声……


「私も……愛してるよ……先生」




―――でもそれは……単なる始まりでしかなかったんだ。


本当に切なく胸を焦がす恋は……


これから―――


この作品のキーワード
オフィスラブ  ホワイトデー  再会  同窓会  大人女子  裏切り  同級生  クリスマス  親友  大人の恋