「莉子、お土産は何がいい?」


「うーん…美味しいチョコレートがいいかな」


「チョコって。ブランド物のバッグがいいとかないの?」



誠さんは苦笑いしながら私のショルダーバッグを指さして言った。
姉は独身のときに色々とブランドのバッグを買っていたから、今は私がそれを借りている。



「ないなぁ。お姉ちゃんに借りればいいし。あ、可愛いマキシワンピースがいいかな。お姉ちゃんとお揃いで」


「分かった。由衣ちゃんにもたくさんお土産買ってくるから」



今日は金曜日。

明日から誠さんは一週間、ハワイに行く。だからその前に食事に行かないかと誘われたのだ。


大輔さんには用事が出来たとメールをすると、一言だけ「分かった」と返信がきた。
寂しい気持ちになってしまった。

私の予定があるときは優先していいと言われていたし、むしろ当たり前のことなのに。



「帰ってきたらミラクルジュエリーに行ってみない?そろそろ指輪も決めておかないといけないし」


思いがけず出たその店名にドキッとする。