確か…この信号を左折したはず。


「見失ったか…」



会社の近くのドラッグストアにわざわざ入ったのは、真亜子がいつも飲んでいるハーブティが切れていたから。

喜ぶ顔が見たかった。




パソコンの電源を落としながら、同期の児嶋から聞かされた今日の真亜子の話。

「え?現場、契約してなかったのか…」

「誰も引き継ぎしてなかったらしい。前任者は有給消化で、3月は出勤して来て無かったんだってさ」

そんな事、普通なら無いだろ?

話を聞きながら、真亜子を不憫に思った。


「改めて提案書を出すらしい、諦めずに頑張ろうとしてるみたいだぜ。
今日は慰めてやれよ。」

「その現場、まだ追うのか?」

予想外の話展開に、思わず声が大きくなる。

この作品のキーワード
泣ける  オフィスラブ  三角関係  友達  年上彼氏  切ない  純愛  大人の恋愛  しっとり  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。