翌日からも出勤すれば、する事は同じで


安心してkennyと叫けぶ。


自分が叫んでも、


誰かに言われても


チラリと課長を見れば口元が緩み笑いたそうな顔。



一度堪えきれずに私が大きく吹き出せば


「何だあさりどうした」


「課長はkennyじゃなかった」


「あぁ、お前がkennyを叫ぶから違ったんだと思ってた」


何で言う前から気づくのよって抗議したかったけれど


やっぱりそんな奇跡があるわけないと思っていたからなんだろう。








この作品のキーワード
オフィスラブ  初恋  上司  イケメン  ときめき  同僚  秘密  OL  大人の恋愛  独占欲 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。