怜様はスマホで瀬川さんを呼び戻した。


「紗月を俺のマンションまで送ってくれ」


「マンションですか?このまま…会長に紹介はしないのですか?」


「一子叔母様にはまだ、何も話していない。俺が事前に話をしてからの方がいいだろ?」



「しかし、会長室はすぐそばですよ」


「瀬川お前は俺の命令に従えばいい…早く、紗月を送るんだ」



怜様の口調は秘書の瀬川さんに対しても威圧的な態度。
瀬川さんは唇を噛み締め、怜様の命令を反芻し、黙って従った。







この作品のキーワード
結婚  イケメン  妊娠  過去  御曹司  偽り  秘密  夫婦  溺愛  身分差