夏期休暇を目前にした監査は大きな営業所の予定で、総務課が同行した。

 総務課からは柴崎と永井が来た。美乃里が来られなくて、雪菜は少し寂しそうだった。

 会議室に通され、書類の山に手を伸ばす。隼人も雪菜もぎこちない状態はまだ続いていて、あえて二人とも仕事に集中していた。

「なんかさ、二人とも汗かかなそうだよね?」

 柴崎がつまらないことを言ってきた。そんなわけがないだろう。それは俺達が既に人ではないということか?

「そんなわけないですよ。いいから、さっさと書類見てください」

「うーん、その前にちょっと一服」

 そう言って伸びをすると、柴崎は煙草を取り出した。この会議室は近頃にしては珍しく禁煙ではないようで、大きなガラスの灰皿が置いてあった。

 柴崎は煙草に火をつけると煙を吐いた。その時、隼人は一瞬違和感を感じて、ふと雪菜に目をやると、雪菜の頬は血の気が失せて、著しく顔色が悪いように見えた。

「小泉?……大丈夫か?」

 一瞬固まっていた雪菜がハッとして隼人を見た。

「あ……、すみません。大丈夫です。ちょっと席をはずします」

 そう言うと雪菜はスッと立ち上がって会議室を出ていった。

この作品のキーワード
地味OL  上司  オフィスラブ  課長  無愛想  嫉妬  独占欲  王子様  トラウマ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。