★★★★★
もしもお見合いの席に変人が表れたら
ズバリ、ヒーローは変人です。
きっと今までに誰も出会った事がない人種です。
ただし、愛すべき変人なのです。

高級なホテルのラウンジで、気乗りしないお見合いにかり出されたヒロインは、渋々お相手を待っています。そこに遅刻して表れたのは真っ白い柔道着を着たもっさい男、これがこの物語のヒーローです。

そこから先は、ぜひこの作品を読んで楽しんで欲しいです。
笑ったり、驚いたり、なんだか心があったかくなったり。

人からは変に見える行いにもちゃんと彼なりの理由があります。
生真面目だったり律儀だったり、それでいて既成概念に囚われる事のない自由な心を持つ彼に好奇心がくすぐられました。

是非是非お友達になってみたい。彼の心の目で世界を見たらどんな風に見えるんだろう。
自分の世界も百八十度変わってしまうんじゃないだろうか。
そして気づいたら、恋に落ちているかもしれません。
糸崎かや
14/11/10 10:40

>>新着レビュー一覧へ