・ ・ ・ ・ ・ ・



今回決まった案をもう少しじっくり話し合い、アイディアを出していこうという話を部長がしていた。
発売はまだ先だからある程度時間をかけてできるだろうと。
会議でも宣伝部の発想が良いと言われたらしく、宣伝部自体を誉めてもらえたようでわたしも嬉しかった。

誉めてもらえたと言えば、今回わたしが予想以上に頑張っていて、しかもなかなか良いアイディアだったと、改めて部長や先輩が誉めてくれた。
わたしはそれがとても嬉しくて、これからも頑張ろうと思った。

そして次の週、通常の勤務を終えて向かったのは本社。
片桐社長のお知り合いのお店に向かうため。
蓮斗さん、どうしてわたしも一緒にって言ったんだろう。
疑問に思うけど、わたしは蓮斗さんに会うのが楽しみだったりする。
だって片桐社長の昔話が聞けるから――。

着いてすぐ片桐社長に連絡した。
電話に出た彼は「すぐ行く」という返事だけして通話を終わらせた。
どきどきして「あ、あああ、あのっ」と吃っている間に切られたわたしは呆気に取られていたけど。
『片桐社長だから』と、思った。

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  美男子  胸キュン  いちゃいちゃ  OL  大人  俺様  オフィスラブ  溺愛