◇姫川 梓織
◆星崎 由宇



「梓織が素直に俺を好きだって言えば従ってやってもいいけど」
「おまえにしか発情しない狼ならいーだろ」


強引で口が悪くて、自分勝手。
そんな犬、とてもじゃないけど手におえない。

でも。

「ずっと、一緒にいてやるから……おまえは何も不安がる必要ない」

誰よりも私に優しい事も知ってるの。



「……ねぇ、由宇」
「ん?」
「何がそんなに不安なの?」

強引さと優しさの向こうに、一体何を隠してるの?
たまに怯える瞳は……私の欠けた記憶のせい……?


「仲直りしたいから、謝って。
……チョコもあげるから」
「俺が悪かった。……これでいいか?」


わがままお嬢様 × 口の悪い狂犬騎士のケンカ腰ラブストーリー。


2014.8.14  start
2014.11.12 end

この作品のキーワード
同居  イケメン  記憶  幼馴染  独占欲  過去  嫉妬  甘い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。