次の日も、私は眼鏡を探した。


すると目の前に、影が現れた。



「見つからないのですから、諦めなさい」

「素直に別の部活にすれば良いのに。
馬鹿は諦めが悪いんですね?」

「空良くん、旭ちゃん」

「・・・僕らの名前、ご存知でしたか」

「確かにぃ。
まぁ、校長先生と知り合いなんですから、
知れますよね?」

「空良って名前だから、アキ先パイなんだね。
旭ちゃんは名字が相本堂だから、ドウくんって呼ばれているんだね?」

「「そうですけど?それが何か?」」



うわっ。ハモるねぇ。

仲良いんだね、さすがだわ。



「悪いことは言いません。諦めた方が良いですよ」

「諦めないと、あの頭の固い馬鹿な人に怒られますよ?」


言いながら旭ちゃんは笑う。

・・・この子絶対、人の不幸を見て笑うタイプだ。


「頭の固い馬鹿な人?」

「昨日会っていたでしょう?生徒会長に」



あぁ~・・・ヒデくんね。

頭の固い馬鹿な人・・・か。

この子たち、言いそうだわ。




「空良くん、知っているんだね。会っていたこと」

「ドウくんが僕に教えてくれましてね」



そういうことね。








この作品のキーワード
探偵  学園  部活  過去  教師  眼鏡  部室