☆☆☆



私は次の日、遥華学園探偵部部室へ向かっていた。

今日が、朱鳥さんの亡き旦那さんからもらった手紙を解読する日。





私は昨日、パパにおじさんのことを聞いた。

パパはおじさんを知っていた。





おじさんは、なんと警察。

よくわからないけど、かなり上の人間らしい。

平の刑事さんが頭の上がらないくらい。




パパは旭のことも知っていた。

でも、何故知っているのか、おじさんの言っていた言葉の意味も、教えてくれなかった。

ただ、パパは気まずそうに私へ言った。






「相本堂旭には近づくな。
毬子に何かがあったら・・・パパもママも困るからな」





どういう意味なのだろう?

問い詰めても、パパは教えてくれなかった。





「・・・マリリン?」

「ぅわあ!?」




あ、旭!?








この作品のキーワード
探偵  学園  部活  過去  教師  眼鏡  部室