***


 ……来ない。
 最近、支倉さんから連絡が全く来ない。

「忙しいのかな……」

 まぁ、今回に限らず支倉さん常にお忙しいし、こんなのいつもの事と思うんだけど。

 何でだろう。ちょっと胸騒ぎがする。

 休日の昼頃。自分の部屋でのんびりとTVを見ながらゴロゴロしていたのだが。

「……」

 何をするにも勢いが肝心。
 立ち上がり、出掛ける支度を始めた。


 電車を乗り継ぎ、ぶらりとやってきたのは我が家の菩提寺。
 
 今まで法事とお墓参り以外でお伺いしたことなんて無かったんだけど。でも折角だからお墓参りもしようと思って、近くの花屋で切り花も買ってきた。

 しかし門前迄来て入るのを若干躊躇い足止まる。

 ーー支倉さんに会ったら、何を言おう。今の私の素直な気持ちを全部……言う?言えるのか私!
 もやもやと考えながら門前でうろうろしていたら、

「おや、葛原さんちのお嬢さん」
と背後から声がして思わず振り返る。

「えっ……!!あっっ、加藤さん。ご無沙汰してます……」

 丁度私の後ろから寺の敷地に入ろうとしていた法衣姿の住職の加藤さんがそこにいた。相変わらず穏やかな笑みを湛えて。
 

「加藤さん、腰の具合はいかがですか?」
「その節はご迷惑をお掛けしまして……。お陰様で大分調子良くなりましたよ。お母様にも大分心配していただいてね。よろしく言ってくださいね。今日はお墓参りですか?」
「あ、はい……」

 うう……支倉さんに会いになんて言えないしなぁ、どうしよう。

この作品のキーワード
アラサー  結婚  美男子  大人の恋  僧侶  溺愛  逆ハー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。