『寧々は可愛いな。』

『寧々は俺の全てだ。』

『寧々がいないと俺は生きていけない。』

『寧々が一番大好きだよ。』


そんな甘いセリフを吐く彼氏と別れたのは、もう1年も前。



一番がいれば、二番もいた。


………いや、違う。

私は元から一番なんかじゃなかったんだ。




『寧々はその、素朴な感じが可愛いんだよ。
飾らない、ありのままの寧々を、俺は愛してるんだ。』


普段から地味な私のことを、そんな風に言ってくれた彼…。



―――― 嘘つき。


この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  地味子  ラブコメ  不機嫌  無愛想  異動  天然 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。