*****

翌日から、笹岡さんと清瀬さんを見ると
何となく私のほうが恥ずかしい気持ちになってしまったけど…。


二人は何も気づいていないのか、普通にしているから…
私も自然とまた接するようになれた。

どうやら風見さんは、ミーティングルームの件で二人を注意することはしなかったみたい。


それにしても、アイドル系イケメンの笹岡さんが、
あんなにエロエロだったとは……

…いかんいかん、考えてはいかん。




「緒川さん、こんなの回って来ちゃいました。
良かったら一緒に行きませんか?」


仕事を上がろうとした月曜日の夜。

松本さんが私の席まで来て、にっこりと微笑んでA4の紙を私に見せる。


「これ……何?」


この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  地味子  ラブコメ  不機嫌  無愛想  異動  天然 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。