長身で超イケメンの笹尾忍は

今日も社内のカフェテリアで

他部門の女子社員たちに

中ば強引に同席を承諾させられて

一人静かに過ごせるランチタイムを

あきらめなくてはならなかった。

彼は食事中、同席の彼女らの無駄なおしゃべりに

いつものように適当に相づちを打ちながら

頭の中では恋人との濃密なひとときを思い巡らせては

次回に何をどう活かせるかを懸命に模索していた。

この作品のキーワード
大人  恋人  あまあま  らぶらぶ