8月末の土曜日、脩平さんとちいちゃんが大空 (そら) くんを連れて我が家を訪れた。

出産祝いのお返しを、わざわざ持参してくれたのだった。

気を遣わなくても良かったのにと、父は口では言いながら三人の訪れを喜んでいる。

ちいちゃんは娘みたいなものだから、大空は孫だと言って腕の中であやす姿は、さすが子育ての経験者、慣れたものだ。

ちいちゃんも、「実家よりもここの家は落ち着くの」 と伯母である母に本音を漏らしている。

小さい頃、お父さんの膝が好きだったな、お風呂も寝るのもお父さんだった……と昔を思い出して、懐かしさに包まれた。


おしゃべりをしようとちいちゃんを部屋に誘うと、両親と脩平さんが大空くんを見てくれるそうで、昔のように二人で部屋にこもった。





ちいちゃんに話したいことが山ほどあった。

西垣さんのこと、夏祭りから翌日の騒動、その後の父の態度など、順を追って話していく。

驚いたり笑ったり、ときには怒ったり、表情が忙しく変わりながら、ちいちゃんは熱心な聞き役になってくれた。

一時涼しくなったが、暑さが戻った今週はエアコンなしでは過ごせない。

冷房をつけたばかりの部屋は熱気が漂っていたが、団扇を片手に話に夢中になっていた。



「そんなことがあったの。伯父さん、ユキちゃんのことになると何も見えなくなるから」


「でもね、今度だけはお父さんをちょっと見直したかな。話せばわかるんだね」



団扇をあおぐ、ちいちゃんの手が止まった。



「見直したのって、おじさんが東川さんの言うことを信じたってこと?」


「うん。だって、いつものお父さんだったら、こっちの言うことも聞かずに怒るでしょう。

でもね、あのときはそうじゃなかった。

東川さんの話をちゃんと聞いて、深雪がお世話になりました、なんて言うんだもの。ちょっと感動」



ちいちゃんが目を細めて私を見た。

うん? とわからない顔をすると



「脩平さんが言ってた。小野寺の伯父さんは、話せばわかる人だって」


「あっ……東川さんも、そう言ったのよ」


「私と脩平さん、先輩後輩ってこととか、付き合ってるのも、みんなに黙ってたでしょう」


「うん」



ちいちゃんと脩平さんが交際を黙っていたのは、頑固で強引な父のせいだった。

ちいちゃんだけじゃない、私も家族も、父の前で余計なことは言わず、厄介ごとは隠してしまう。

そんな態度が、父の機嫌を損ねることもあるのだが……



「あのとき、隠さずに正直に言ってたら、もっと早くなんとかなったのにって。

ユキちゃんにも伯父さんにも、話すべきだったって、今でも言ってるの」



ちいちゃんと結婚した脩平さんは、父の義理の甥になった。

脩平さんは父を 「小野寺の伯父さん」 と呼び、慕ってくれている。

保険のことは伯父さんに聞けば間違いないと言って、困ったことなど相談があり、父もそれが嬉しいようで、熱心に相談に乗っているのだった。



「伯父さんって、情に厚い人だもの」


「熱血なの。思い込みが激しいけどね」



そうそうと、顔を見合わせて笑い合う。

ちいちゃんに父を褒められて、ちょっと嬉しかった。



「西垣さんに、挨拶ってどういうことか、聞いたんでしょう? 返事は?」


「準備してるから、もう少し待ってくれって。これじゃ、なんのことかわからないでしょう?

何を待てばいいのか、何の準備をしてるのか、教えてくれないの」


「もう一度、聞いてみたら?」


「聞いたのよ、でも、返事は同じ。待っててくれればいいからって。はぁ……」


「論文が認められるまでってことかしら。

男の人って、結果をださなきゃ自信がないみたい」


「けど、私に話してくれてもいいのに。そう思わない?」


「思う」


「はっきりしないまま、いつまで待てばいいのか、なんか不安……」



気を許せるちいちゃんだからか、抱えていた思いをつい口に出していた。



「そのまま言っちゃえば?」


「えっ?」


「不安は不安だと伝えてあげるべきよ」



ストレートなちいちゃんの言葉は、私の胸にすっと入ってきた。


この作品のキーワード
年上の彼  年下の彼  婚約指輪  結婚式  カフェラテ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。