玄関で父の靴を見つけて、「お父さんは?」 と聞くと、腰を痛めたらしいの……と母が顔をしかめたため、どこかで転んだのかと聞くと、出先なんだけど……と歯切れが悪い。

父の体が心配で急ぎ部屋に入ると 「帰ってきたか」 とそれだけ言うと黙ってしまった。



「お父さん、東川さんが助けてくださったそうですよ。

深雪、危ないところだったんですって」


「うん」


「お父さんからも、お礼を言ってください」


「あぁ」


「ちょっと、お父さん!」


「あの、お気遣いなく。偶然近くにいただけですから」


「いいえ、東川さんにはどれほどお世話になったことか。ほら、お父さん、すねてないで」



すねるって?

母の言い方におかしなものを感じて、「どういうこと?」 と問いかけて母の顔を見ると、うん、ちょっとね……と言葉を濁した。



「知ってるよ」


「何を知ってるの?」


「深雪がいた店にいたんだよ。男が深雪を連れ出したから、俺も追いかけようとしたんだ」


「お父さんもいたの?」


「そうだよ。そこでつまづいて、このざまだ」



僕から話すよと、脩平さんが話してくれたことはこうだった。

今夜、私が脩平さんの紹介で合コンへ行ったと母から聞いた父は、脩平さんから私が出かけた先を聞き出し、こっそり合コンの店に出向き様子を伺っていた。

亮君と同じく、私を誘った男性によからぬものを感じ取った父は、あとをつけようとしたが、店の段差につまづいて腰を痛め、あえなく追跡を断念したという。



「心配をかけてごめんなさい」


「無事ならそれでいい」


「お父さん……」



今夜の父も静かで、怒鳴り声が響くことはなかった。




父に謝るつもりで家まで来てくれた亮君は、怒られるどころかみんなから感謝され、父からも「娘が世話になりました」 と丁寧な言葉があり、恐縮しながら帰っていった。

一方、脩平さんとちいちゃんは 「深雪に変な男を紹介するな」 と二人並んで父に叱られたが、やはりいつもの迫力はなく、小言といったところだ。

腰が痛いとブツブツ言う父へ、あなたが余計なことをするからですよと、母は文句を言っていたが、「深雪が心配で、じっとしていられなかったのよ」 と、私にそっと教えてくれた。

父と母の思いが身にしみた夜だった。



両親の信頼を得た亮君は、それからというもの週末になると私を誘うようになり、そのたびに、彼が父に許可を取ったのはいうまでもない。

私と亮君は、角砂糖が紅茶にとけるように馴染んでいった。



この作品のキーワード
年上の彼  年下の彼  婚約指輪  結婚式  カフェラテ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。