亮君と暮らすようになってわかったのは、私にも母にも実に優しいということと、甘え上手であるということ。

母に食の好みを聞かれて、「基本、何でも食べます」 と返事をすると、でも苦手なものもあるでしょう?  と母に重ねて聞かれ、「そうですね、でも、作ってもらえるので感謝しています」 と言うものだから、母は余計に張り切り、亮君の好きなものを並べるのだった。

それをまた彼が褒めながら食べるので、母を嬉しがらせ、ますます亮君に甘くなる。

父の好物と並んで皿数が増える食卓となっていた。


私と二人だけになると、そばにきて体に手を添えてくる。

私の体調を気にしてくれているのかと思っていたが、それだけでなく、体のどこかに触れていたいらしい。

体温を感じるのって落ち着きませんかと、彼の言うこともわかるが、子犬のようにじゃれるのは甘えたいからではないかと、私は思っている。

スキンシップ好きなの? と聞くと、俺、三男ですからと、私にはピンとこない返事があった。

とにもかくにも、こんなに甘える男性だとは意外だった。



「だから、起きようよ」


「うん……」


「ご飯、冷めちゃうでしょう」


「あっ、風鈴が鳴ってる」


「話をそらさないの」


「ほら、聞こえる。冬に聞くと寂しい感じがしないでもないけど、嫌いじゃないですね」



冬の音色も嫌いではないと言ってくれる亮君が、私は好き。

彼のどこを好きになったの? と友人たちから聞かれて、「優しいところ」 というありきたりな返事をしたものの、本当はもっと深い部分に惹かれていた。

上手く言葉にはできなくて、誰彼に教えたくなくて、私の胸だけに秘めた気持ちを、ふと感じるのが今朝のような会話の時。

無理をしてそうしている風でもなく、私に寄り添った言葉をかけてくれる彼のそばにいることで、穏やかな気持ちで過ごしていけるのではないかと思っている。



「手を引いてあげようか」


「嬉しいけど、今はだめです。深雪さんの体に負担がかかるから」


「これくらい、大丈夫」


「深雪さんって用心深いのに、ときどき無茶をするでしょう。気をつけてくださいよ」



年下の夫に朝から注意される私は、年齢が伴わない年上の妻だ。

こんな私を頼りなく思ってるだろうなと、彼にすまない気持ちになっていると、確かな腹筋で起き上がった亮君に抱きしめられた。



「ため息をつくと幸せが逃げるって言ってなかった?」


「ため息、ついてた?」


「ですね」


「気をつけます」


「そのままでいいですよ。俺、そんな深雪さんも好きだから」



不意打ちのように私を褒めて喜ばせる。

彼は、決して言葉を惜しまない。



「ねぇ、いつから好きでいてくれたの?」


「そうですね……夏祭りの浴衣を見た時かな」


「だって、あのとき、まだ彼女と」



彼女と付き合ってたでしょうと言いかけて飲みこんだ。



「彼女がいたけど、深雪さん、いいなと思った」


「どこが?」


「紫の帯がすごく似合ってて、下駄から見えたペディキュアが、なんか誘われてるみたいで」


「わぁ、そんな目で見てたんだ」


「そうですよ。気持ちに嘘はつけないでしょう」


「深雪さんは? いつから?」


「わからない。気がついたら……大事な人になってた」


「俺もです。ずっとそばにいて欲しいと思った」



真っ直ぐな言葉とともに、さらにギュッと抱きしめられた。

雑誌で見た占い……


『未来を予感させる出会いがあります。紫色の物を身につけましょう』


あの時の出会いの相手は亮君だった。

すべては、この時につながっていた。



先に立ち上がった彼が、まだ座り込んだままの私へ手をさしのべる。

力強い手に引かれ立ち上がった。



「うっ……ごめん、ちょっと」


「気分が悪いの?」


「大丈夫……またお願いがあるの」


「アイスクリームですか」


「そう、無性に食べたくて」



香りに敏感になった次に起こった体調の変化は、アイスクリームが食べたくなったこと。

寒いのにどうしても食べたくて、毎日のように亮君に買って来てもらっている。



「帰りに買ってきます」


「お願いします」


「了解」



アイスクリームは西垣さんとの思い出につながっている。

思い出の一部として西垣さんの顔が浮かんでも、切なさや胸の痛みを感じることはない。

いまどうしているだろう、元気にしているかな、愛する人に出会ったかな……

ふと気になる時がある。

あなたも幸せになってください……そう願うことで思い出をしまい込んだ。



「どうしたの?」


「なんでもない」


「行きますか」



冬のひだまりのような彼の笑顔に、私も微笑みを返した。







この作品のキーワード
年上の彼  年下の彼  婚約指輪  結婚式  カフェラテ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。