願いがひとつ叶うとしたら

僕はきっと

もう二度と会えないきみに

もう一度だけ会いたいと願うだろう



───あの夏、確かにここで起きた奇跡を

僕は一生忘れない

◆◇◆
きみと世界が終わるまで
◇◆◇

この作品のキーワード
スタ文大賞    家族  幽霊      優しさ