どうして出逢ったんだろう、なんて…



もう、言わない。




でも何度も思った。



私たちは他人で、
でも姉と弟で。




もしも私たちが赤の他人なら…




ずっと一緒にいられたのかな?





振り返ってしまうのは、
まだ私がその香りを覚えているから。

目次

この作品のキーワード
姉と弟  純愛  イケメン  切ない  狂愛