あれから相澤は変わった。
髪の毛をちゃんと整えてくるようになって、うっすらメイクをするようになった。

見た目だけではなく、人の目を見るようになったし、少しずつ言いたいことも言えるようになってきた。

そして一番嬉しいのが、よく笑うようになったこと。

今までは、常に何か困っているような顔つきだったのに。

今はそんな表情も和らいで、病院で俺と目が合うとはにかみながらニコっと笑うようになった。


そんなこともあってか周囲のスタッフの見る目も変わったようだ。

決して良いようにだけではなかったが……。




とある日の男子更衣室。
帰宅時間だけあって、若いリハ科や検査科の男子がうじゃうじゃいた。


「あの子、すぐにやれそうだよな。少し強引にいけばいけそう」

「ははっ確かに、ちょろそー」


聞く気はなくとも強制的に届いてしまう声。

あーあ、なんで、こんな下世話な話を大声でできるのか神経を疑う。


「しかも華奢な割に結構胸あんのな」

「なんで知ってんだよ」

「屈んだ時、シャツから谷間見えた。ありゃ、確実にDはあるな」

「お前、よく見てんなー」

「でさ、今度食事会あるだろ?声かけてみようかと思って」

「え?何、マジで地味子ちゃん狙ってんの?」


地味子ちゃん?
一瞬フリーズして、はっとして奴らの方を見る。

……これ、相澤の話だったのか。





この作品のキーワード
医者  病院  身分差  地味子  イケメン  片思い  シンデレラ  ドン底  プロポーズ  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。