東條先生に片思いをして、かれこれもう2年になるだろうか。

結婚適齢期だというのに、30近くにもなってまだ先生のことを想い続けている。

もちろん彼氏だっていない。


そんな東條先生に初めて女の噂が流れた。

相澤、という地味な事務科の女子と一緒に病院に来てるのを見た、っていものだ。

あと彼女がお弁当を毎日作ってきているらしい、と。

まさか付き合ってるんじゃ、とここ最近外科ではもっぱらの噂で。

どうしても許せない外科ナース達のいびりが始まっていた。


だけど私も、納得いかない。


脳外から外科へ転属になった時、やっとツキが回ってきたと思ったのに。

外科のホワイトボードに載った、西原綾子という自分の名前のプレートを感慨深く見る。

そう外科には先生がいるのだ。

やっと、近くで働くことができる。


なのに、

なんで、あの子なの?

あんな子のどこがいいの?

正直、そう思ってしまった。


あの子が先生を見る目と、私が先生を見る目はさして変わらない。

あの子の気持ちより私の気持ちの方がずっと強いとさえ思う。

だって、彼女は今年入職してきたばかりじゃない。



私なんて、もう……、

ずっと先生のことだけを好きだったんだから。






この作品のキーワード
医者  病院  身分差  地味子  イケメン  片思い  シンデレラ  ドン底  プロポーズ  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。