七月に入り、私は上村と共にオアシスタウン事業部に異動した。

 オアシスタウン事業部、通称オアシス部は総勢20名。

 土地買収の段階からこのプロジェクトに関わってきた社員が三割、今回各部から選抜され、異動してきた人が七割で構成されている。

 新しくオアシス部部長に就任した館山部長を除いて、そのほとんどが若手社員。

 さすが皆、その仕事ぶりを買われて来ているだけに、業務は滑り出しから順調だった。



 オアシス部が立ち上がって一週間、今日は親睦会も兼ねて街中のデパートの屋上ビアガーデンで暑気払いの会が行われている。

 日はとっくに暮れたというのに、まだ辺りには昼間の熱気がこもっていて蒸し暑い。私は汗をかいたジョッキを手に取り、冷えたビールで渇いた喉を潤した。


この作品のキーワード
オフィスラブ  年下  大人の恋  切ない  シリアス  不器用  結婚  俺様  特集60