あんなことがあった後も、上村は相変らずだった。

 これまで通り、時々ふらりとやって来てはご飯を食べて帰っていく。手土産にグレープフルーツを持ってくるのも変わらない。

 あの日私は、上村への想いを自覚した。

 何を考えているのかわからない、でも人の痛みに敏感で、優しい。

 上村がそうなのは、たぶんひどく傷ついたことがあるからだ。私には決して話してくれないけれど。

 そして私は、そんな上村のことをどうしても放っておけずにいる。

                                   
「三谷さんごめん、朝頼んだ資料できてる?」

「旭書店の分ですね。はい、できてます」

「よかった! じゃあ、行って来ます」

「がんばってくださいね、岩井田さん」

 慌しく外出する岩井田さんを笑顔で見送った。

 仕事は忙しさを増していた。オアシスタウンの開業が正式に再来年の春に決まり、部内はますます活気づいている。


この作品のキーワード
オフィスラブ  年下  大人の恋  切ない  シリアス  不器用  結婚  俺様  特集60