―――助けを求めた。



もう、嫌だった。


心も体も傷つくのが嫌だった


苦しくて、助けを求めた相手が



‘王龍’の名を持つ、君だった。





*.。。゚+*.゚゚。+*.。。゚+*.゚゚。+*.。。゚+*.゚゚。+*.。。゚



 鈍感で、気の強い少女


斎藤 由奈 saito yuna


×

 
 毒舌で、意地悪な少年


如月 仁 kisara zin



*.。。゚+*.゚゚。+*.。。゚+*.゚゚。+*.。。゚+*.゚゚。+*.。。゚




「何もかもから、助けてやる。」



「俺だけを見てろよ。」




そう言って、抱きしめてくれたのは君だった。



いつしか、その温もりに溺れた。



悲しそうな横顔も甘い吐息も、全てに溺れた。



暴走族に恋したのは私。



どんな危険な道でも、進んでみせる。




*9月1日公開しました✳*

*1月26日完結しました*





修正をところどころ致します。
最終章2節 大幅加筆あり。


悠也→雄也にかえてる途中です。
ご了承ください。



*皆様に感謝をこめて*




どうか、これからもよろしくお願いします。





この作品のキーワード
暴走族  不良  彼氏  好き  暴力  切ない  喧嘩  怪我