【桜side】





いつから、だろう。



人を無闇に疑うようになったのは。




_麗華以外、信じれなくなったのは。






きっとね。もう、思い出せないんだ。…ううん、”思い出したくない”の。




友達だって、いたんだ。

でもね、全部、嘘だったの。


私は…友達だと思われてなかったんだって。



『あんたなんて友達じゃない』



_今でもあの子の言葉が忘れられない。



『まさか、ずっと信じてたの?…馬っ鹿みたい。笑える』


蔑むような視線も、冷たい、乾いた笑い声も。


全部全部、嘘だと思いたかった。





この作品のキーワード
暴走族  美少女  溺愛  いじめ  切ない  すれ違い  裏切り  泣ける  元姫 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。