【櫂side】



「最近、みんなボーッとしてるよね」


突然、そう言い出した慧。


「…あんな事があったんだからな」


「当たり前だろ」


伊織と、渉が言う”あんな事”とは、決してこの場では口に出すことを許されない暗黙のルールみたいなものだ。




「……。」


カラン、と近くに置いてあった空き缶を蹴る。


…落ち着かない。


久しぶりに会ったんだ。
きっと、この場にいる全員がそうだろう。


この作品のキーワード
暴走族  美少女  溺愛  いじめ  切ない  すれ違い  裏切り  泣ける  元姫 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。