【桜side】


「アンタ、よくノコノコと学校に来れるわね!」



「そうよ!」


「何考えてんの!?麻里奈さんをいじめておいて!」



__また、”これ”だ。



何度目だろう。

呼び出しをくらい、罵られるのは。




「はぁ…」


誰にも気付かれないよう、小さくため息をつく。


「最低ね!」


「澄ました顔してんじゃないわよ!また呼び出すからね!!」


そう言って彼女達はその場を去った。



「…何を言ったって、誰一人理解してくれないじゃない。」


ボソッと呟いたその言葉は、誰にも拾われない…


この作品のキーワード
暴走族  美少女  溺愛  いじめ  切ない  すれ違い  裏切り  泣ける  元姫 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。