そんな本条課長は…180cmくらいありそうな長身で、色白かつ卵型の"塩系男子の顔"には、各パーツがバランス良く並んでいる。
清潔感ある黒髪のアップバングヘアは、より一層彼の顔を綺麗に見せる。

顔だけを見れば、誰もが“王子系のイケメン”と決まって言う。

ただ――。

【性格に難ありすぎる。】
【冷たい物言いが怖い。】
【仕事に対して高望みをする。】
【頭が良すぎて、逆に何を考えてるか分からない。】
【言い寄ってくる女に淡白。】

こうした意見も、途切れることがない――。

確かに。本条課長は仕事に対しては…とても厳しい。他人に厳しく、自分にも厳しい。妥協をしない性格なのだ。しかし、課長も鬼ではない。

引き継ぎ期間に感じたのは、【SOSを出せばちゃんとフォローを入れてくれる】ということ。
そして、【本当に覚えようとしているか、仕事に誠実で丁寧かどうかを彼は…こちらが思っている以上に見ている】ということだ。

"何が分からないのか自分でも分かっていない"時には「分からない。」と、それだけでも伝えると…【問題点の洗い出し】も一緒にやってくれるし、分からないところは丁寧に教えてくれる。
逆を言えば、「分からない。」と、ちゃんと言えるかどうかも…彼はしっかり見ているのである。


じゃあ、彼のマイナスイメージは誰が言っているのか――。


“職場に、過度な色恋沙汰を持ち込み…相手にされなかった女性社員”

“本条課長を蹴落としたい、彼より年上の平社員や中間管理職の男性社員”

“その他の意欲のない人、彼や会社の方針についていけないけど…生活のためにこの会社に居る人”

――このあたりの人間だと思う。


こんな人たち相手には、“冷たい物言いの自分”や“女に淡白な自分”を演じていた方が楽なんだろうな…。

私と同じように……。

本条課長とは、そういう人だ。
だから、堤課長もあんな風に言ってるんだと思う。

「…っ!あの〔BMW〕…本条課長のだったんですね。」

あっ。私、今勢いで「運転させて下さい。」って言っちゃいそうだった。
"男性と車内で2人っきり"なんて状況、まだ怖いから絶対に言えるわけないのに…。

「あっ…でも、姫野さん。昴に〔BM〕の話はあまりさせない方が…。」

「蛍、うるさい。…悪い、話を途中で遮って。俺の〔BM〕に…何か【思うところ】があったか?」

えっと。なんて言えば…。
「運転させて下さい。」なんて言えないけど、ここで会話切ったら変だし…。

「いえ、ただメンテナンスをしっかりされてるなと思って。とても大切にされているのが、伝わってきました。良い相棒(パートナー)ですね。」

"運転したい!"という気持ちは誤魔化したかったけど…
これはこれで、本心から出た言葉だ。

「…っ!まさか姫野さんの目に、そんな風に映っていたとは思ってなかった…ありがとう。」

えっ、本条課長…顔赤い? もしかして、照れたの?

それに、鳴海部長の…あの"満面の笑み"は何?

「姫野さん、やりますね…。ますます昴が“素”を出すなんて…。【指定された時間より早く来て準備する】、【よく周りが見えてる】……これは先輩も昴も欲しがるわけだ。」

「…だな、(しゅう)。」

「2人とも、そろそろ黙れよー。」

とっても爽やかな笑顔で、穏やかじゃないこと言ってますよ。課長。

「僕と昴が、人選間違えるわけないでしょ。あの、“バカな剛兄さん”の相手を4年もしてくれてた人だよ。時間にルーズなわけがないし…。それに、人一倍周りが見えてなきゃ大きな案件いくつか棒に振ってるよ。まぁ、兄さんのおかげで先方の不正が発覚したこともあって、逆に感謝されたこともあるけどね…。」

「ありましたねー。そんなことも。」

「あっ。そうだ、姫野さん。」

「何でしょうか?部長。」

「先に教えといてあげる。朝礼終わったら、昴からのちょっとして洗礼を受けることになるから、そのつもりでいた方が良いかも。」

…えっ、洗礼? 何それ。

「洗礼ですか…?」

「うん。……それから、ちょっと見ておいてほしいものがあるんだけど…。」

"【見ておいてほしいもの】?…なんだろう?"なんて思いながら鳴海部長がペンを置くのを待った。

「何でしょう?」


―〔BM〕、好きなの?
なんか嬉しそうだからさ。
【乗せてほしい】の?
それか、もしくは【運転したい】とか?―


部長から渡されたメモには、男性っぽくない綺麗な字が並んでいた。

あはは。私の心境…バレてる。
部長のさっきの"笑み"はこれか…。

渡されたメモをひっくり返して、返事を書いた。

―実は、私ずっと〔BM〕が"本命なんです。
でも、まだちょっと手が出なくて…。泣
"憧れの車"なので、オーナーが判明して
興奮しちゃいました!!笑
実は運転してみたいんです。―

―なるほどね!
ごめんね、俺の興味本位で聞いただけだから
気にしないで。
それ以外に他意は無いし、昴にも…誰にも言わないから。―


部長がニコリと微笑んだ。

あー。この人にはきっと"噓"は通じない…というか、"噓が付けなくなる"感じだなー。

鳴海部長とメモでこんな会話をする中、本条課長は初期化のエラーが起きていないか画面を見ていて、私と部長の会話に気づく様子は全く無い。

そして、朝日奈課長は本条課長にこんな風に言い放って、新たな会話が始まっていた。

「えー。懲りずにまたやんの?"アレ"。新人で女の子来た年、絶対1人は泣かしてるじゃん。お前。やめてあげたらいいのに…。だから『冷徹人間』なんて揶揄(やゆ)されるんじゃねーの?」

"えっ、女の子を泣かしてる?何やらされるの?"と、ちょっと焦ったところで…本条課長が穏やかに言う。

「いや、姫野さんには大したことじゃないと思う。あなたには、きっと洗礼にすらならない。……だいたい。あれぐらいで音を上げてたら、どこの企業へ行っても長続きしねぇよ。その証拠に。当の本人は、うちの会社にもう居ないし。『冷徹人間』ねぇ…。まぁ、言いたい奴には言わせとけよ。」

「あれは女子側が勝手に泣いてるだけでしょ。配属が複数居たら…絶対に1人は“俺たちの顔見るために会社に来てるような子”だしねー。僕は助かってるけど、昴がお灸据えてくれてるんだから。2人もさ、昴が渡してた量が過度だったわけじゃないのは見てるでしょ。」

「確かに、無理な量じゃないですね。」

鳴海部長の言葉に、朝日奈課長も堤課長も同意する。

あー。4人の会話から、何となく話が読めたかも。
事務処理かなんかで私の力量を測りたいのね。

「そういうことですか、やっぱり。明らかに度を越す量じゃなければ、大抵の事務処理は普通にできます。【文書作成ソフト】も【表計算ソフト】も使えますから。」

「えっ、話見えてる…。」

「はは、頼もしいな。じゃあ期待するとしよう、姫野さん。……当然だろ、蛍。彼女は秘書だったんだから。状況の先読みなんて日常的にやってるさ。じゃなきゃ秘書は務まらないだろ、特に常務の秘書はな。」

「ククッ!昴に啖呵(たんか)切るなんて最高だね、姫野さん。そのストイックさ、うちの部署でやっていくには必要なスキルだ。期待してるからね!」

「はい。」

こんな風に談笑しながら、5人でPCの初期化(リカバリー)作業の終了と他の人の出勤を待った。