人と妖が混在する戦乱の世で
哀れな人の子は拾われた

一本の角を持つ

美しい夜色の鬼にーー……


* * * *


七つの時、寧々は
生贄として人里より迫害された。

そしておよそ十年の月日を
妖と共に生きた娘は

人か、妖か。


『ーー手離せ、静』


数奇なる運命。


『私の望みは何一つ変わらない』


妖と娘の出逢いは
やがて妖の世を巻き込んでいく──。


* * * *


すべての始まりは、愚かな恋だった。


* * * *


※物語の展開上必要な性描写や
残酷描写があります。
※時代背景はぼんやり&なんちゃってなので、
あくまで和風ファンタジーとして
お楽しみください。


この作品のキーワード
    和風  酒呑童子  妖狐  生贄  寵愛  戦国時代  夜叉  孤児