もう遅い、と思いたくなかったから。
もう一度、なんて願いたくなかったから。
僕はただ君のためだけに生きようと思った。

目次

この作品のキーワード
恋愛  後悔