「災難だったねー、恵。」

「いつものことだけどね。もう慣れたよ。」

部長のお叱りから解放され戻ってくると、隣の机の同期が話しかけてくる。

これもいつものこと。

奴らは私が怒られるのを、高みの見物しているわけで、私を助ける気など微塵もないのは知っている。

まぁ、仕事だし、友情とかでかばったって、結局同じだから、そのまま見守ってくれるのがありがたいんだけども。

「あんの、クソ部長…いつか痛い目見ればいいのに…。」

「恵また怒られるよー。」

「だってさ、あんな冷血に怒ること無くない?仕事もベテランになって来たし、もう怒鳴られることはないけどさ。あいつ、目が怖いんだよね。」

「えぇー⁉︎あれがいいんじゃん!斎藤部長、超イケメンだし!」

「顔で判断しないから、私。」

「なんか冷めてるよね、恵って。」

「そーかな?少なくとも、部長はない。」

「あっ…恵…。」

「大体さ、私だけじゃん、あんなに厳しいの!他の子達はもう少し優しいのにさ、なんで私だけ…。」



「いい度胸だな、美空。」

「え?」

この作品のキーワード
俺様  ツンデレ  上司  部下  オフィスラブ  短編  初夜  キスマーク  キス  夫婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。