軽いリップ音。

それとともに目に映るのは、あの部長の顔。

少し頬がピンク色に染まっていて、いつもの部長とは思えないほど、可愛いその顔に、私は不覚にも胸が高鳴っている。

「ぶ、部長…。」

訳が分からなくて、か細い声で、部長と呼びかける。

「…忘れろ。」

「は?」

「だから、今のは忘れろ。部長命令だ。」

「なっ⁉︎」

「分かったら、とっとと仕事に戻れ。」

「なっ、なんですかそれ⁉︎」

この作品のキーワード
俺様  ツンデレ  上司  部下  オフィスラブ  短編  初夜  キスマーク  キス  夫婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。