私はあの日、初めて神様に願った。





その日は丁度、雨が降っていた。





私はただただ、神様の力を必要としていた。






もしもその願いが叶ったのならば、





私達はどんなに辛い思いをせずに





楽に生きられたであろう。





なにも考えなくていい。





ただ普通の恋がしたい。





それだけなのに…。





どうして私は、好きになった人と上手く巡り会えないのだろう。




この作品のキーワード
幼なじみ  先輩  悲しい  泣ける  きょうだい