……やばい、こんな日に限って寝坊するなんて!!

自転車を飛ばしていつもの坂を下る私は、かなり焦っていた。


今日は、約束していたワインの買い付けの日。

藤原さんとはお店で待ち合わせることになっていて、もうすでに約束の朝七時を五分過ぎてしまった。

やだな……自業自得とはいえ絶対に何か嫌味言われるよ~!


必死にペダルを漕いでお店の前に着くと、そこには見慣れない黒のミニバンが停まっていた。

“わ”ナンバーだ。ってことは、今日はこれに乗って山梨に……?

二人で行くにしてはずいぶん大きい――――



「――――遅い」



車の周りをなんとなく眺めていたら、その影から人の声がしたのでびくっと肩を震わせた私。

うう、やっぱり怒られた……けど。

今の、藤原さんの声じゃなかったような……

ジャリ、と靴底がアスファルトを擦る音がして、車の影から姿を現したのは、意外な人物。


「まさか旅行気分なわけじゃないだろうな? 向こうのワイナリーにだって時間の都合があるんだから、遅刻されると迷惑をかけることになるんだぞ」

「す、須賀さん……!」


いつもはキッチリ結んでる髪が今日はハーフアップだ。……なんてことはどうでもよくて。

どうして、シェフのあなたがここに?


「――あ、環来たんですか? お前遅いぞ。寝坊?」

「ほ、本田まで……!」


須賀さんの長身の向こうから、ひょこっと顔を出したのは本田。

なになに? どうなってるの?

でも、“向こうのワイナリー”ってことはまさか――。


この作品のキーワード
男装  秘密  逆ハー  ソムリエ  ワイン  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。