でも、このカッコで街中をうろうろするのはどうなんだろう。

同僚に会ったりしたら危険? でも、本田も気が付かなかったくらいだから、意外と別人に見えたりして……?


ファストフードのお店を出て、閉まった自動ドアのガラスに映った自分を眺める。

確かにいつものウエイター姿に見慣れてる人なら、私が庄野環だって、気づかないかも。

……よし。

ワンピースの裾を揺らして、私は足取りも軽く歩道を歩き出した。


どこに行こうかなぁ……

ファッション的にはあまり可愛いのは得意じゃないけど、雑貨なんかは大好きだから、最近あまり行けてなかったそういうお店を覗いてみてもいいし。


久しぶりに女子っぽい休日を過ごせそう、と気持ちを弾ませていた私。

けれど、それは本当につかの間のことだった。



「…………タマ?」



もしや、その声、その呼び方は、藤原さん……?

背後から掛けられた声に、びく、と反応してしまった自分のカラダの正直さを恨む。

無視して先行っちゃえばよかったのに、足は棒みたいに固まってしまって動かない。

どうしよう……本田とのことちゃんと話せば、こんな格好してる理由、納得してもらえるかな……?


徐々に近づいてきた靴音が、すぐ近くでぴたりと止んだことに気付くと、私は観念しておずおずと後ろを振り返った。


「こ……こんにちは」


この作品のキーワード
男装  秘密  逆ハー  ソムリエ  ワイン  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。