「......」

自分で言っておいて何だけど、否定しない大瀬良さんにショック。

「バーカ。冗談だよ。仮に誘われても断るし心配すんなよ」

「はい」

「オレは由里子にしか興味ない。これからずっと由里子のこと大事にしたい。元カレのトラウマもオレが全部消してやるから」

それは、あたしのことを裏切らないという意味で捉えていいんだろうか?

大瀬良さんを信じてついていけば、今度こそ幸せな結末が待っているんだろうか?

あたしは大瀬良さんと始まった“彼氏と彼女”という関係に、嬉しくも感じつつも、ほんの少しの不安を感じていた。