「だったら先にご飯よりーー」

そう言って、直也はあたしの耳たぶを甘噛みした。

ほんの一瞬、甘い刺激が体中を駆け巡る。

「な、直也...。こいうことはご飯食べてからでも出来るでしょ?」

「嫌だ。待てない。だって3週間近くやってないんだぞ」

確かにそれくらいやってないんだった。

直也が忙しかったり、あたしが生理前で何となく体調がすぐれなかったり、そして生理がきたり......。

「今すぐしたいんだよ。こんなふうに思うのは、由里子だからだぞ」

「分かってるよ」

「じゃあいいだろ?」

あたしがなんて答えようか考えていたら、直也のスマホの着信が鳴り出した。

「電話鳴ってるよ?」

「出たくない」

この作品のキーワード
トラウマ  失恋  バツイチ  俺様