紗江と別れたのは夜の8時半過ぎ。
旦那さんには、羽目を伸ばしてきていいよと言われてたみたいだけど、やっぱり子供のことが気になるらしく早々と解散した。

今夜は自分の住むアパートへ。
久しぶりに帰っきた我が家。
何も変わり映えしない。
って、当然だけど。(変わってたら怖いし)

「はぁー」

あたしはため息をつきながらクッショッンの上に座った。

テレビを付けていないせいか、一人でいる空間はとても静かだ。

まさかタケルが“お父さん”になっていたとは。

今日一番の衝撃。
だけど、ショックとかそいうことは全くない。

あたしに本当のことを言わなかったのは、事を大きくしたくなかったからだろう。



この作品のキーワード
トラウマ  失恋  バツイチ  俺様