もう一人で抱え込むなんて無理。

紗江に相談して答えが出るわけでもないし。
本人に聞くしかないんだ......。


ガチャッ。

玄関の開く音に過剰に反応して立ち上がる。

直也がついに帰ってきた!
あたしの心臓はバクバクだ。

「ただいまー」

直也が部屋のドアを開けて入ってくる。

「....おかえり」

「どうした? 突っ立って? トイレにでも行こうとしてた?」

「あっ...。いや。直也に聞きたい事があって」

「何? その顔はあんまいい事では無さそうだけど」

直也はスーツの上着を脱ぎ、ソファの端にかけた。

そして、突っ立っているあたしの手を取り座らせた。

「で、何、聞きたい事って?」

「...直也ってどうして離婚したの?」

とうとう聞いてしまった。