「や...やり逃げなんてしませんよ!」

あたしは、寝起きの大瀬良さんに向かって叫んでいた。
やり逃げって嫌な響き。

「本当か? オレが寝てるうちに帰ろうとしてたんじゃないのか?」

「違いますよ」

あたしがそう答えた後、大瀬良さんは上半身の体を起こして伸びをした。

会社で見かける大瀬良さんは、いつもスーツ姿でビシッと決めてて、颯爽としていてかっこいいの部類に入る存在だ。

でも、今の大瀬良さんは全裸でアクビして寝癖までつけて、まさにプライベート丸出し状態。

「由里子ってピンク似合うよな」

「へっ? ピンク?」

「下着の色」

大瀬良さんに言われて気づいたけど、あたしはまだ着替えの途中で下着姿だった。

ぎゃー‼︎ 恥ずかしい‼︎
昨日、全裸を見せておいといて言うのもなんだけど恥ずかしい‼︎