翌朝。目を覚ますと、大瀬良さんがスーツに着替えている姿が目に留まった。

あぁ。そっか昨日、あの後、大瀬良さんはあたしんちに来ると言い出して、そのまま泊まっていくことにしたんだった。


「悪い、起こしたな」

「いいえ。どうせあたしも起きる時間ですから」

枕元の時計は午前6時20分を表示している。
あたしがいつも起きる時間は、6時半くらいだから10分早いだけだ。

大瀬良さんは、この後、いったん家に戻るから早起きしないといけない。

言わば朝帰りというやつだ。

実はこの光景、今日が初めてではない。
関係が始まったあの日以来、金、土とあたしが大瀬良さんの家に泊まり、日曜日の夜はあたしの家に大瀬良さんが泊まっていく。

そして、月曜日の朝帰っていくというのが定番だ。