“また…逢えるの?”


“うん、きっと。”


幼い頃、あの日出逢ったあの方に抱いたものは


紛れもない、恋心にございました。


この作品のキーワード
平安    蹴鞠  入内  再会  女御  東宮  初恋