「あっははは、隼人くんの写真載せようとして阻止されたんだ~」


今日も無事一日の業務を終えた後。

オフィスからほど近い欧風カフェバーのソファー席で昨日の出来事を話すと、向かい合って座る絵梨子さんが豪快に笑った。


「私も見たかったな、その極上スマイル」

「あ、スマホで撮ったんで今見せますよ」

「あら、ほんとに盗撮じゃない!」


長い前髪を耳に掛けながら笑う絵梨子さんは、クールそうに見えて笑い上戸だ。

切り揃えられた黒髪ボブスタイルのとびきり美人な彼女は、三十五歳にして独身。

姐御肌タイプで、性格も容姿も完璧なのだけれど、まだ一人の男と身を固める気はないらしい。

そこがまたカッコいいんだけど。


スマホの画面に指をすべらせていると、絵梨子さんはパンの器に入れられたチーズにとろりと海老を絡ませながら言う。


「私もいいと思うけどね、その働く男子特集」

「ですよね? 女の人なら絶対食いつきますよ」

「でも、隼人くんは自分の容姿を売りにするのが大っ嫌いなのよ。社長も言った通り、写真撮るのだって嫌がるし」

「そんなに嫌いなんですか……」


あんなにカッコいいのに、なんだかもったいない。

この作品のキーワード
恋愛設計図  オフィスラブ  プランナー  意地悪  OL  裏腹  じれじれ  同級生  過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。