「……ちょっと~、また空気がおかしなことになってるわよ?」

「だな」


翌日、お昼休憩が終わろうとしている時。

私の前のデスクで気怠げに頬杖をついた絵梨子さんの言葉に、その横に立つ古賀さんが頷いた。


「今日の矢城、俺が紗羽ちゃんの名前出すだけで何故かキレてくるんだよ」

「そうなの? 紗羽ちゃんだってなんか魂抜けたみたいになっちゃってるものね」


色々と考えていたらあまり眠れず、目の下にクマを作った私は、二人の会話を耳に入れながらため息をつくだけ。


今、矢城くんは休憩がてら現場に向かっているため、ここにはいない。

さっきも普通に接しようとはしたものの、どうしてもぎこちなくなってしまった。

そんな様子に、絵梨子さん達が気付かないはずがない。


「紗羽ちゃん、今日飲みに行こうぜ。そこで全部吐き出しちゃいな」

「あの……すみません、今日はちょっと寝かせてほしいと言うか……」

「寝れないほどのことがあったの? 余計気になるじゃない!」


焦らされた絵梨子さんは、うずうずしているように身体をくねらせた。