その週末は、あっという間に来た。


ワードローブからセレクトしたトップスとスカートは、通勤時よりも若干華美でフェミニンなもの。

メイクはやや多めのラメできらびやかに、でも派手すぎないように、大人っぽい印象で。

長い髪はエアリー感のある、ゆる巻き。


鏡に全身を映して、あまりの気合の入れ具合に、落ち込んだ。

やりすぎだろ、と。

かといって、今更全とっかえする時間的余裕はなく。


もう少し無難にまとめたかったけれど、課長の隣に、どういうファッションで並んだらいいのか、無難って何なのか、皆目見当がつかない。


私はそのまま家を出た。

午後二時過ぎ。

東京もようやく梅雨入りして、じめじめと湿気をはらんだ空気が重たく感じられる。

週間予報で毎日チェックしていた、今日、土曜日の天気は、

「一日中降ったり止んだりで、傘が手放せない」

という、中途半端に厄介な雨模様。


今は、本当に小雨がぱらついている程度で、傘を差している人と差していない人と、半々くらい。

この作品のキーワード
大人の恋  オフィスラブ  上司  地味OL  年の差  過去  切ない  シリアス  推理  秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。