毎日が勝負の日だった。

まだまだ景気がいいとは言い難いこのご時世。
就職活動は難航した。

一般的にはもう決まっていて当たり前の九月。
それでも内定のない私は、残っている少数の枠を目指して、就活を続けるしかなかった。

「はぁ」


資料請求のメールを一体何通出しただろう。

ひたすらつながりを求めて、全然会ったこともない大学の先輩にOB訪問したこともある。
だけど……あまりためになることはなかった。


「ホント最低。会社の話なんて全然してくれなくて、ホテル行こうかだってさ!」


この間の人は、本当にひどかった。

見た目はまあまあ好青年だったのに、ソレしか頭にない残念な人。
同じ大学出身なんて、吐き気がする。


「あら、いいじゃない。もうさ、就職より婚活よ。
実際OB訪問で恋人ゲットって人も多いらしいよ?」


ひときわ冷静なのは、実家がかなり裕福な聡子(さとこ)。

就職できなきゃ、家事手伝いよなんて余裕の顔がうらやましい。

この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  甘々  切ない  じれじれ  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。